このカテゴリの記事一覧

質屋とネットオークションでは、どちらが高く売れますか?
当然、商品やブランドにもよると思われますが、単純に金額だけというお話であれば、ネ...
質屋での査定は、持ち込む人間の外見などで変わるのでしょうか?
基本的に変わらないと思って間違いありません。質屋からしてみれば、商売ですので、ほ...
チャリティーオークションでゲットしたアイテムって売れますか?
事実から申し上げれば、売れないことはないと思います。 ただ、チャリティーオークシ...
質屋では正規品以外を扱いますか?
本物であれば扱います。日本国内の正規販売店にて販売されたものでも、日本以外の正規...
質屋で「お取り扱いできません」と言われました。まさか偽者?
質屋が査定した上で取り扱わない時は、いくつかのケースがあります。 偽者と判断した...
ルイ・ヴィトンで査定の高いものはどんなアイテムですか
今後、新商品がどんどん発売されていきますし、時間がたてば査定の相場は変化しくとい...
都心の質屋と地方の質屋では、買取価格に差がありますか?
やはり、都心の質屋の方が高く買取る傾向にあると思われます。都心部と地方で細かく物...
買取なのになぜ身分証明書をチェックするのか
これは、盗品が売買されるのを防ぐ目的です。 買取に関しては質屋としての届けではな...
質屋で売却すると税金がかかりますか?
生活していく上で必要となる物品を売却した場合、原則的には税金がかかることはありま...
質契約ってどういことを指しますか?
品物を担保として質屋が預かり、査定した上で、相応の金額が融資されます。期限内に利...
質屋から融資をうけた時、何らかの明細書はもらえますか?
質屋が品物を預かる時に、質札が渡されます。質札には、融資の金額、質料、質流れにな...
質屋で融資を受けました。1日と15日で利子は異なりますか?
通常、質屋では日割り計算は行いません。計算方法にもよりますが、満月計算の場合、1...

当然、商品やブランドにもよると思われますが、単純に金額だけというお話であれば、ネットオークションの方が相対的に高いのではないでしょうか。

ただ、質屋、ネットオークション共に、それぞれのメリット・デメリットが混在しています。金額、取引にかかる手間、取引後のトラブルの可能性など全体的な特性を考慮した上での取引がベストといえます。

いずれにしても、アイテム、時期などを明確にして、広く情報を集めてみるとよいでしょう。

基本的に変わらないと思って間違いありません。質屋からしてみれば、商売ですので、ほんの僅かの差はあっても、大きく変化するようなことはまず存在しません。

事実から申し上げれば、売れないことはないと思います。

ただ、チャリティーオークションという性格上、転売目的での落札となると、やはりエチケットに反すると言わざるを得ないかと思われます。

かなり以前に落札して、その後何年間か大事に使用し、その上でやはり売却したいというのであれば話はまた別だと思いますが・・・

単純に現金化できるのか否かという話であれば、現金化は可能ということになります。

本物であれば扱います。日本国内の正規販売店にて販売されたものでも、日本以外の正規販売店で販売されたものでも、いわゆる並行輸入と呼ばれるものでも、重要なことは品物が本物であるか否かとなります。

いずれにしても偽者や盗品は扱いません。

質屋が査定した上で取り扱わない時は、いくつかのケースがあります。

偽者と判断した場合は取り扱わないのは当然ですが、その他にも、買取して現金化するのに厳しい状況であれば取り扱いません。

また、偽者と断定できないがグレーであると判断するケースでも、おそらく取り扱わないでしょう。

ただ、質屋での査定はあくまでも質屋が商売をしていくたものものです。絶対的に本物か偽者かという判断は、メーカーの専門部署のスタッフしかできません。

今後、新商品がどんどん発売されていきますし、時間がたてば査定の相場は変化しくという前提の上でお話すれば、モノグラムやダミエ辺りは総じて人気があります。

中でも、キーケース、ファスナー付き長財布、三つ折長財布などは、現在のところ比較的高めの買取率になっています。

やはり、都心の質屋の方が高く買取る傾向にあると思われます。都心部と地方で細かく物価を比較してみると、やはり都心部のほうが総じて高めですよね。

アルバイトの時間給などもやはり差があります。

そのような状況では、当然、売買する価格も都心部の方が高いですから、質屋での買取り価格もおのずと高くなります。

これは、盗品が売買されるのを防ぐ目的です。

買取に関しては質屋としての届けではなく、古物商としての届け出の関係で身分証明が必要になります。

買取りは質屋本来の商行為ではないのですが、現代の質屋は古物商の認可も同時にとっているケースがほとんどです。

古物商として古物を買取る際、各都道府県の公安委員会より、購入した相手に関しての情報を記載することが義務づけられています。

生活していく上で必要となる物品を売却した場合、原則的には税金がかかることはありません。

ただし、1つのアイテムで売却価格が30万を超えるようなものは譲渡所得となり課税されますが、購入価格を下回った状態での売却には課税されません。

それぞれのケースについて、直接、税務署に問い合わせてみると確実です。税務署はとっつきにくい印象ですが、電話で問い合わせると非常に親切に対応してもらえます。

国税庁のホームページでも様々な情報が入手できますので、ぜひ1度チェックしてみてください。

品物を担保として質屋が預かり、査定した上で、相応の金額が融資されます。期限内に利子と元本が支払われれば品物を取り戻せますが、履行されない場合は、預けた品物の所有権は質屋へ移ります。このことを質契約と呼びます。

質屋が品物を預かる時に、質札が渡されます。質札には、融資の金額、質料、質流れになる期限が記載されています。

通常、質屋では日割り計算は行いません。計算方法にもよりますが、満月計算の場合、1日でも15日での支払う利子は同額です。

1ヶ月単位で利子の計算が行われます。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析