質屋といえば、ブランド品の買取・販売のイメージ

現代の質屋のイメージは、ブランド品の買取・販売をしているショップというのが最も適しているように思えます。

あくまでもイメージですが、非常に華やかな印象があるといえるでしょう。

買取専門のブースに専門スタッフが常駐し、特に、ブランド品の査定・買取を行っているような光景は、テレビの番組でも時々目にします。

販売では、広い範囲のブランドが揃い、新品から未使用品、そして様々なレベルの中古のアイテムが充実しています。

不要になったブランド品を売却したり、どうしても欲しかったブランドバックや小物を、程度の非常によい中古品を納得の価格で手に入れた・・・そのような経験を持つ方々もきっと多いことでしょう。

本来は、質屋は質を担保に融資を行う業者

質屋とは本来、質を担保として金銭を融資する業者です。客が持ち込んだ品物を鑑定し、その価値に見合った融資を行って、貸し付けた銀額に対しての利息の支払いを受ける。

これが非常に長い歴史を刻んできた質屋本来の業務なんですね。この本来の業務に伴った、質屋独自の用語もいろいろと存在します。

質屋は質屋営業法という法律に則って運営されていて、質屋としての認可には、小売販売を行うための買取は実は含まれていません。

品物を預かり、融資を行い利息を受け取る。元金や利息が支払われなければ質流れとなり、預かった品物を販売して現金化する。

この流れこそが、質屋本来の業務なんです。

現代の質屋事情

1980年代後半辺りからその性格が徐々に変化していき、実践で培ってきた質の高い鑑定力を活かし、小売販売部門を新たに併設して営業していく形が主流になっていきます。

元来の質屋としての業務である質預かりと平行して、買取・小売販売の部門での取引が拡大していくことになったんですね。

現代の質屋は質屋としての認可と、小売販売を行うための古物商としての認可の両方を受けているのがほとんどのようです。

質屋で買ったり、質屋で売ったり

日本の経済力が上がり、我々日本人も、いつしか世界のブランド品と呼ばれるものを愛用するようになっています。

なかにはとんでもなく高い金額を支払わなければ手に入らない品物もいくつもありますよね。

そうでなくても、新品のブランドバック、財布、アクセサリー、腕時計などなど、どれもこれも非常に高価なものばかり。

ショッピング好きのおしゃれな方々にとっては、目が離せないアイテムがきっと多いことだと思われますが、いかんせん、新品のアイテムばかりを買ってばかりもいられません。

そんな時は、質屋を上手に活用してみましょう。

さらに、全国各地で質流れ品や金融品の即売会が行われていますし、各質屋単位でも、質流れ大バーゲン等の名称でバーゲンセールも開催されます。

ネットでの買取・販売もあり、より便利に

ネットを介しての買取、通販も行われ、ますます利用しやすい環境になってきています。一見、面倒に思われる買取の流れも、以外にシンプルです。

取引する質屋をしっかりと選べば、快適に安全に取引することができます。

地方に住んでいても、都心の質屋から質流れの良質なアイテムを通販で購入したり、逆に売却して現金化したりと・・・ますます質屋を便利に利用できる時代になっています。

本物保証付き! 万が一贋商品であった場合には、代金を補償!?

お気に入りのアイテムが納得できる価格で手に入るかも!!

でも、確実に、本物なのか・・・!?

これって、ブランド品を追い求める上でかなり気になる要因のひとつですよね。

そんな心配を一掃してしまえるのが、本物保証付きのショップから購入すること!! そのようなポリシーを持つショップの情報を集めてみるのも一つの方法ですよね。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Google マップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析